« 中原中也・夜の詩コレクション108/桑名の駅 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション110/夜半の嵐 »

2020年7月23日 (木)

中原中也・夜の詩コレクション109/雲った秋

雲った秋

 

 

或(あ)る日君は僕を見て嗤(わら)うだろう、

あんまり蒼(あお)い顔しているとて、

十一月の風に吹かれている、無花果(いちじく)の葉かなんかのようだ、

棄てられた犬のようだとて。

 

まことにそれはそのようであり、

犬よりもみじめであるかも知れぬのであり

僕自身時折はそのように思って

僕自身悲しんだことかも知れない

 

それなのに君はまた思い出すだろう

僕のいない時、僕のもう地上にいない日に、

あいつあの時あの道のあの箇所で

蒼い顔して、無花果の葉のように風に吹かれて、――冷たい午後だった――

 

しょんぼりとして、犬のように捨てられていたと。

 

 

猫が鳴いていた、みんなが寝静まると、

隣りの空地で、そこの暗がりで、

まことに緊密でゆったりと細い声で、

ゆったりと細い声で闇の中で鳴いていた。

 

あのようにゆったりと今宵一夜(ひとよ)を

鳴いて明そうというのであれば

さぞや緊密な心を抱いて

猫は生存しているのであろう……

 

あのように悲しげに憧れに充ちて

今宵ああして鳴いているのであれば

なんだか私の生きているということも

まんざら無意味ではなさそうに思える……

 

猫は空地の雑草の陰で、

多分は石ころを足に感じ

その冷たさを足に感じ、

霧の降る夜を鳴いていた――

 

 

君のそのパイプの、

汚れ方だの燋げ方だの、

僕はいやほどよく知ってるが、

気味の悪い程鮮明に、僕はそいつを知ってるのだが……

 

今宵ランプはポトホト燻(かが)り

君と僕との影は床(ゆか)に

或(ある)いは壁にぼんやりと落ち、

遠い電車の音は聞こえる

 

君のそのパイプの、

汚れ方だの焦げ方だの、

僕は実によく知ってるが、

それが永劫(えいごう)の時間の中では、どういうことになるのかねえ?――

 

    今宵私の命はかがり

    君と僕との命はかがり、

    僕等の命も煙草のように

    どんどん燃えてゆくとしきゃ思えない

 

まことに印象の鮮明ということ

我等の記臆、謂(い)わば我々の命の足跡が

あんまりまざまざとしているということは

いったいどういうことなのであろうか

 

    今宵ランプはポトホト燻り、

    君と僕との影は床に

    或いは壁にぼんやりと落ち、

    遠い電車の音は聞こえる

 

どうにも方途がつかない時は

諦めることが男々(おお)しいことになる

ところで方途が絶対につかないと

思われることは、まず皆無

 

    そこで命はポトホトかがり

    君と僕との命はかがり

    僕等の命も煙草のように

    どんどん燃えるとしきゃ思えない

 

コオロギガ、ナイテ、イマス

シュウシン ラッパガ、ナッテ、イマス

デンシャハ、マダマダ、ウゴイテ、イマス

クサキモ、ネムル、ウシミツドキデス

イイエ、マダデス、ウシミツドキハ

コレカラ、ニジカン、タッテカラデス

ソレデハ、ボーヤハ、マダオキテイテイイデスカ

イイエ、ボーヤハ、ハヤクネルノデス

ネテカラ、ソレカラ、オキテモイイデスカ

アサガキタナラ、オキテイイノデス

アサハ、ドーシテ、コサセルノデスカ

アサハ、アサノホーデ、ヤッテキマス

ドコカラ、ドーシテ、ヤッテクル、ノデスカ

オカオヲ、アラッテ、デテクル、ノデス

ソレハ、アシタノ、コトデスカ

ソレガ、アシタノ、アサノ、コトデス

イマハ、コオロギ、ナイテ、イマスネ

ソレカラ、ラッパモ、ナッテ、イマスネ

デンシャハ、マダマダ、ウゴイテ、イマス

ウシミツドキデハ、マダナイデスネ

オワリ

 

               (一九三五・一〇・五)

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

« 中原中也・夜の詩コレクション108/桑名の駅 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション110/夜半の嵐 »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション108/桑名の駅 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション110/夜半の嵐 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ