« 中原中也・夜の詩コレクション107/大島行葵丸にて ――夜十時の出帆 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション109/雲った秋 »

2020年7月22日 (水)

中原中也・夜の詩コレクション108/桑名の駅

桑名の駅

 

桑名の夜は暗かった

蛙がコロコロ鳴いていた

夜更の駅には駅長が

綺麗(きれい)な砂利を敷き詰めた

プラットホームに只(ただ)独り

ランプを持って立っていた

 

桑名の夜は暗かった

蛙がコロコロ泣いていた

焼蛤貝(やきはまぐり)の桑名とは

此処(ここ)のことかと思ったから

駅長さんに訊(たず)ねたら

そうだと云って笑ってた

 

桑名の夜は暗かった

蛙がコロコロ鳴いていた

大雨の、霽(あが)ったばかりのその夜(よる)は

風もなければ暗かった

 

               (一九三五・八・一二)

               「此の夜、上京の途なりしが、京都大阪

               間の不通のため、臨時関西線を運転す」

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

« 中原中也・夜の詩コレクション107/大島行葵丸にて ――夜十時の出帆 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション109/雲った秋 »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション107/大島行葵丸にて ――夜十時の出帆 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション109/雲った秋 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ