« 中原中也・夜の詩コレクション111/一夜分の歴史 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション113/断 片 »

2020年7月26日 (日)

中原中也・夜の詩コレクション112/小唄二編

小唄二編

 

 

しののめの、

よるのうみにて

汽笛鳴る。

 

心よ

起きよ、

目を覚ませ。

 

しののめの、

よるのうみにて

汽笛なる。

 

象の目玉の、

汽笛鳴る。

 

 

僕は知ってる煙(けむ)が立つ

  三原山には煙が立つ

 

行ってみたではないけれど

  雪降りつもった朝(あした)には

 

寝床の中で呆然(ぼうぜん)と

  煙草くゆらし僕思う

 

三原山には煙が立つ

  三原山には煙が立つ

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

« 中原中也・夜の詩コレクション111/一夜分の歴史 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション113/断 片 »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション111/一夜分の歴史 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション113/断 片 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ