« 中原中也・夜の詩コレクション116/道修山夜曲 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション118/秋の夜に、湯に浸り »

2020年7月31日 (金)

中原中也・夜の詩コレクション117/雨が降るぞえ――病棟挽歌

雨が降るぞえ

   ――病棟挽歌

 

雨が、降るぞえ、雨が、降る。

今宵は、雨が、降るぞえ、な。

俺はこうして、病院に、

しがねえ、暮しをしては、いる。

 

雨が、降るぞえ、雨が、降る。

今宵は、雨が、降るぞえ、な。

たんたら、らららら、らららら、ら、

今宵は、雨が、降るぞえ、な。

 

人の、声さえ、もうしない、

まっくらくらの、冬の、宵。

隣りの、牛も、もう寝たか、

ちっとも、藁(わら)のさ、音もせぬ。

 

と、何号かの病室で、

硝子戸(ガラスど)、開ける、音が、する。

空気を、換えると、いうじゃんか、

それとも、庭でも、見るじゃんか。

 

いや、そんなこと、分るけえ。

いずれ、侘(わび)しい、患者の、こと、

ただ、気まぐれと、いわば気まぐれ、

庭でも、見ると、いわばいうまで。

 

たんたら、らららら、雨が、降る。

たんたら、らららら、雨が、降る。

牛も、寝たよな、病院の、宵、

たんたら、らららら、雨が、降る。

 

(了)

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・夜の詩コレクション116/道修山夜曲 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション118/秋の夜に、湯に浸り »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション116/道修山夜曲 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション118/秋の夜に、湯に浸り »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ