« イヴィカ・マティック監督「遺書―女のいる風景」■メモ2 | トップページ | 「連帯」は、一人の男の力で成し得た運動であるはずもない。無数のマチェックが、1989年のポーランド革命に結集したのである。 »

2020年8月21日 (金)

■イヴィカ・マティック監督「遺書―女のいる風景」■メモ3

きょうも、まだ、イヴィカ・マティック監督「遺書―女のいる風景」のことを考えている。思いついたのは、イソップ寓話の
「アリとキリギリス」である。

森林監督官=芸術家がキリギリス、村人たちがアリという図式になぞらえて、この作品を解釈できるのではなかろうか
と思い至った。どこか見覚えのある物語だなあと感じていて、なんだったのだろうなあと思い巡らすうち、ふと、「アリとキ
リギリス」がひらめいたのである。

よそ者であり、素朴絵画の絵描きである森林監督官は、キリギリスとは異なり、森林の管理という仕事をきちんとこなす
官僚でもある。だから、ヴァイオリンばかり弾いていて、冬になって困り果て、アリの宴会に出向いて、食べ物を所望す
るなんて無様はしない。衣食も足り、礼節も知っている大人の男である。絵を描くことが好きであり、そのために村の女
たちを口説いてモデルにするが、「色好み」でそうするわけでもない。

村人たちも、みんながみんな、アリのように炎熱下に働き、冬の備えに躍起になっているわけではない。朝から、アルコ
ールをたしなんでいる者もいれば、後家をたらしこんでいる悪漢もいる。イソップ寓話のような善悪画然としたティピカル
なアリばかりではないのである。

勧善懲悪の映画を作るわけにはいかないし、現代の寓話にするにはさまざまな意匠が要求されるのだから、これは当
たり前である。

森林監督官が象徴するよそ者=中央=近代が、ひとたびは村=地方=封建(前近代)へ受け入れられ、受け入れられ
たと思う間もなく、牛の一突きで呆気なく死んでしまうという骨格が、アリとキリギリスのストーリーと相似形をなしている
のである。

一陣の風のごとく、キリギリスはアリの村を吹き渡っては消え去った。「女たち」のスカートを、一瞬、めくってみせ、村の
男たちの嫉妬や怒りを露わにしてみせ、村を騒がせ、消えて行った。静かな村がいったん生き返り、やがて、元の「死
んだような」村になった。

イソップのアリたちは、冬場の宴会のさなかにふと静まり返り、「キリギリスの音楽が聴こえない」と顔を見合わせ、悄然
(しょうぜん)とするのだが、この映画の村人たちも、「あの人は行っちまった」とキリギリス=森林監督官の描いた絵を
十字架にして葬列を組むのである。
(2001.5.22)

« イヴィカ・マティック監督「遺書―女のいる風景」■メモ2 | トップページ | 「連帯」は、一人の男の力で成し得た運動であるはずもない。無数のマチェックが、1989年のポーランド革命に結集したのである。 »

合地舜介の思い出シネマ館2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イヴィカ・マティック監督「遺書―女のいる風景」■メモ2 | トップページ | 「連帯」は、一人の男の力で成し得た運動であるはずもない。無数のマチェックが、1989年のポーランド革命に結集したのである。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ