« 恋人サンドロが娼婦を抱いているところに出くわしてしまったクラウディアの悲しみと不安が、サンドロをいたわるクラウディアの手のアップに映し出される | トップページ | ミツバチの羽音の奥底から湧き起る悲しみの旋律……。やがて、光満ちるときが訪れる。 »

2020年8月10日 (月)

「愛し合うのに互いを知る必要なんかないわ」とビットリアが語るときの、男の戸惑いがなんとも可笑(おか)しい。

太陽はひとりぼっち
1962年
イタリア

ミケランジェロ・アントニオーニ監督、トニーノ・グエッラ脚本、ジョバンニ・フスコ音楽、。モニカ・ビッティ、アラン・ドロン

ビットリア(モニカ・ヴィッティ)が心を開くとき、目が数段、大きくなる。いつもは、うすら笑みを浮かべた物憂い表情が、感情をあらわにすることがある。ケニア人のダンスに興じる場面、ピエロ(アラン・ドロン)に口説かれる結末のシーンなど。それ以外は、「幸福感」を感じられない女であり続けるのだ。アントニオーニは、彼女を描き、愛の不可能を追求するとともに、その可能な一瞬をも見せたのである。「人は、何故、質問ばかりするの?愛し合うのに、互いを知る必要ないわ。愛し合う必要もないかもしれない」と彼女が語るとき、男はなんと答えることができるだろうか。やがては、別離が待っているしかない。ピエロとの愛のさなかに、すでに溝は生じていた。冒頭、リカルドに気持ちを問われたビットリアが答える「わからない」という言葉だけが、確かなことだ。
(2000.3.25記)

« 恋人サンドロが娼婦を抱いているところに出くわしてしまったクラウディアの悲しみと不安が、サンドロをいたわるクラウディアの手のアップに映し出される | トップページ | ミツバチの羽音の奥底から湧き起る悲しみの旋律……。やがて、光満ちるときが訪れる。 »

合地舜介の思い出シネマ館2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恋人サンドロが娼婦を抱いているところに出くわしてしまったクラウディアの悲しみと不安が、サンドロをいたわるクラウディアの手のアップに映し出される | トップページ | ミツバチの羽音の奥底から湧き起る悲しみの旋律……。やがて、光満ちるときが訪れる。 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ