« Z―古代ギリシア語で「彼は死なない」という意味をもつ | トップページ | ハンガリー映画を2本立て続けに見た »

2020年8月17日 (月)

被害者づらした加害者を、決して見逃さない眼差し

パサジェルカ
1963
ポーランド

アンジェイ・ムンク監督、ゾフィア・ポスムイシュ脚本、タデウシ・バイルド音楽。アレクサンドラ・シュロンスカ、アンナ・チェピェレフスカ、ヤン・クレチマール
カンヌ映画祭国際批評家連盟賞

ポーランド カポ--。囚人の中から選ばれた看守。その「よじれた」加害者性と被害者性を凝視する監督の冷徹な眼差し。その眼差しは、39歳で自動車事故死した監督アンジェイ・ムンクの友人3人が引き継いだ。

ナチス強制収容所の残虐・野蛮のかぎりを告発した映像はあまたあるが、この作品の眼差しはカポという存在そのものの内部に向いている。それは、平和が訪れた「現在」も、磨耗させ、風化させてはならない「わたくしたち」自身の問題であり続ける。人間が、いつこの二重性から抜け出ることができるかという課題は、だれの問題でもあるからだ。

高校生のときに、新宿アートシアターで見て以来、30年を過ぎているが、少しも色褪せていないのは、残虐シーンの羅列に留まらない映像作り、とりわけ実存内部への眼差しを堅持するムンクの遺志を受け、余分な「創造」を排した編集の勝利と言えるであろう。
(2000.5.2記)

« Z―古代ギリシア語で「彼は死なない」という意味をもつ | トップページ | ハンガリー映画を2本立て続けに見た »

合地舜介の思い出シネマ館2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Z―古代ギリシア語で「彼は死なない」という意味をもつ | トップページ | ハンガリー映画を2本立て続けに見た »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ