« 言葉のやりとりの中に、演出家と女優の実存的関係のドロドロが回収されてしまうから、観客は、視覚や官能といった生物学的な身体を解放されない。 | トップページ | ラスコリニコフは、冷酷無情、ニヒルというより、情熱の人であったのだ、と思い直すこともできた »

2020年8月30日 (日)

冷戦構造の崩壊後の現在に、これらの映像を見ているという、どこかしら安心感みたいなものが、作品との距離を縮めているとでも言ったらいいものか。

アレクサンドル・ネフスキー
1938
ソ連

監督・セルゲイ・エイゼンシュテイン、脚本・セルゲイ・エイゼンシュテイン、出演・ニコライ・チェルカーソフ、音楽・セルゲイ・プロコフィエフ

60年も、70年も前に作られた映画が、2002年の今見ても、輝きを失わず、いっそう輝いて見える。セルゲイ・エイゼンシュテイン監督「アレクサンドル・ネフスキー」は、確か、1960年代末に「新宿・アートシアター」で公開上映されたのを見た記憶があるが、その時から勘定しても40数年である。

「戦艦ポチョムキン」の感動が、天下がひっくりかえる革命のダイナミズムの表現であるなら、「アレクサンドル・ネフスキー」は、13世紀の戦闘のダイナミズムをあますところなく表現している。

冷戦構造の崩壊後の現在に、これらの映像を見ているという、どこかしら安心感みたいなものが、作品との距離を縮めているとでも言ったらいいものか。娯楽映画のようにさえ見ていられるから発見である。小さい時、「鞍馬天狗」を見たときに似たワクワク感を抱きながら、そして見終えて、何か晴れ晴れした気分を得て、映画館を出た感じを味わった。

エイゼンシュテインには、もともと、楽しいという要素があった。映画に、この要素があるのは当たり前のことだが、それを思い出させてくれたのが、「アレクサンドル・ネフスキー」であり、そう言えば、「メキシコ万歳」にも「戦艦ポチョムキン」にも「全線」にも、それがあることを知るのである。
(2002.6.8)

<セルゲイ・エイゼンシュテインめも>
1898 生まれる
1925 ストライキ
1925 戦艦ポチョムキン
1928 十月
1929 全線
1931 メキシコ万歳
1938 アレクサンドル・ネフスキー
1944 イワン雷帝
1948 死す

 

« 言葉のやりとりの中に、演出家と女優の実存的関係のドロドロが回収されてしまうから、観客は、視覚や官能といった生物学的な身体を解放されない。 | トップページ | ラスコリニコフは、冷酷無情、ニヒルというより、情熱の人であったのだ、と思い直すこともできた »

合地舜介の思い出シネマ館2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉のやりとりの中に、演出家と女優の実存的関係のドロドロが回収されてしまうから、観客は、視覚や官能といった生物学的な身体を解放されない。 | トップページ | ラスコリニコフは、冷酷無情、ニヒルというより、情熱の人であったのだ、と思い直すこともできた »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ