« 愛の怨念、不動の愛、終わらない愛―の結末 | トップページ | こんな風に男が女を愛しても、女は穏やかな微笑(みしょう)を湛(たた)えているばかりである。 »

2020年9月20日 (日)

アンナを死に追いやった母性愛

アンナ・カレーニナ
1997
アメリカ&イギリス

バーナード・ローズ監督・脚本、レオ・トルストイ原作、ダリン・オカダ撮影。
ソフィー・マルソー、ショーン・ビーン、アルフレッド・モリーナ、ミア・カーシュナー、ジェームズ・フォックス

アンナを自殺に追いやったものは何か。自殺までしなくてもよかったのではないか。トルストイは、ほかの道を考えられなかったのか。19世紀末のテーマであり、いまどき、不倫で自殺とは古いよと言える人は幸せである。

アンナが自殺に追いやられる過程を執拗に描いていることは、映画に関しても原作に関しても見逃せない点だ。それが最大のテーマであると言っても過言でないくらいだ。19世紀末の貴族社会の道徳、因習に反抗した一人の女性の恋の苦悶を、自殺で終わらせる作品をトルストイは書いたのだし、映画もそれに脚色を加えなかった。すでに古典のストーリーを知っている人は、この苦悶の過程を味わい、思索する読者・観客であることを求められている。

アンナ=ウロンスキーの物語とキティ=レーヴィンの物語を対比的に構成した原作をさらに強調したローズ作品は、レーヴィン=キティの側からアンナ=ウロンスキーの愛にオマージュを贈ったのである。その愛の内実だけが主要なテーマである、といってよい。アンナとウロンスキーが、2人だけの時間をイタリアで所有する場面があるが、その愛の歓喜は根のない、1回限りのものであった。愛が、つねにそういう側面をもつものであるように……。だから、レーヴィン=キティが正しい、などとこの映画が訴えているのではない、ということである。

やはりというか、どうしようにもなくというか、アンナを苦しめたのは、息子への愛だったのか。母性との格闘の末に、アンナは死を選んだのか。アンナ・カレーニナを自殺に追いやったものが、母性愛そのものであったのではないか、という新しい見方で映画が作られていないか、と期待して見たが、それらしい新しさは見当たらない。という意味で、原作に忠実な映画ということができる。

古典大作の映画化は、原作の深い解釈から始まり、解釈に終わる。それで基本的にOKなのだ。それすら達成できないのなら、誤謬が拡大されるだけだから、やらないほうがましである。
(2000.6.5記)

« 愛の怨念、不動の愛、終わらない愛―の結末 | トップページ | こんな風に男が女を愛しても、女は穏やかな微笑(みしょう)を湛(たた)えているばかりである。 »

合地舜介の思い出シネマ館2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛の怨念、不動の愛、終わらない愛―の結末 | トップページ | こんな風に男が女を愛しても、女は穏やかな微笑(みしょう)を湛(たた)えているばかりである。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ