2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

カテゴリー「ニュース」の記事

2017年4月11日 (火)

作詞・松本隆、作曲・つんく♂の「砂時計」のイメージは中也「北の海」



作詞・松本隆が作曲・つんく♂と組んで話題のシングル「砂時計」が4月19日発売されま

すが、この曲の歌詞の冒頭2行は、中原中也の「北の海」をイメージした、という裏話が、

昨日(10日)の朝日新聞夕刊「音楽・舞台欄」で披瀝されています。「松本隆 書きかけ

の…」というシリーズ第1回で、松本自らが次のように語っています。



冒頭の2行は完全に中原中也へのリスペクト。「海にいるのは、/あれは人魚ではないの

です。/海にいるのは、/あれは、浪(なみ)ばかり。」で始まる「北の海」をイメージした。



ちなみに、「砂時計」のはじまりは、以下の通り。



海鳴りのもっと深くで


人魚たち 泣いてるみたい


無理やりに鋏(はさみ)で切った


愛だから逆に縺(もつ)れる

 




乞う! ご期待!

2017年4月 6日 (木)

詩人、大岡信さん死去。

慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

2017年1月 6日 (金)

「中原中也詩集」をNHK「100分De名著」が解読

今年2017年は

中原中也生誕110周年を迎える年です。

 

これを記念して

各所で色々なイベントが行われるようですが

NHKの「100分De名著」は

「名著61 中原中也詩集」のタイトルで

新しい角度から詩人の詩を読み解く番組。

 

太宰治の娘である作家・太田治子を講師に、

詩人・佐々木幹郎、歌人・穂村弘の読みも加わります。

 

全4回のシリーズ。

毎週月曜日、午後10時25分~10時50分に放送。

 

第1回、1月9日、「詩人」の誕生、

第2回、1月16日、「愛」と「喪失」のしらべ、

第3回、1月23日、「悲しみ」と「さみしさ」をつむぐ、

第4回、1月30日。「死」を「詩」にする

――というテーマ(内容)です。

お見逃しなく!

2014年10月27日 (月)

「雪野」の作家、赤瀬川原平さん死去。

新聞で、赤瀬川原平さんの訃報を知りました。慎んでご冥福を申し上げます。

赤瀬川原平さんは、僕たちよりも一時代前というか少し前というか、僕たちが60年代末の渋谷街頭でサンドイッチマンをしていた時期より前(それは60年安保前のことらしい)に同じ渋谷で街頭宣伝のアルバイト(つまりサンドイッチマン)をしていました。サンドイッチマンという仕事は、OK倶楽部という小さな組織が取り仕切っていて、手配師の加藤さんが赤瀬川さんのことを何かの折に話すことがあり、耳を傾けたことがあります。「彼は、君たちなんかとは比べものにならんくらい真面目だったよ。毎日、きちんと約束の時間に現われ、プラカード持ちの仕事なんかもバカにしなかった。サボるなんて見たことなかったよ」と、サボってばかりいる僕たちに説教したものだった。僕たちが渋谷に出る前、道玄坂のとば口にあった「ボストン」だったかという名の画廊喫茶で、赤瀬川さんが開いた個展を見た加藤さんが、そのことを面白おかしく話してくれたりもした。空に向かってあんぐり開けている男の口に落ちかかっている「異物」の絵の話は、たちまち仲間の間に伝わっていった。加藤さんの話には尾ひれがついていたかもしれないが、僕は今でもその絵を実際に見たかのように記憶しているのです。

「雪野」は、1983年に野間新人文芸賞を受賞しました。1981年の芥川賞(「父が消えた」)の影になり、一般にはあまり話題となりませんでしたが、これはサンドイッチマンの経験を元にした傑作です。詩人の大岡信が、「芸術論小説」として賞讃していた新聞記事が思い出されます。

2013年10月 1日 (火)

中原中也記念館が来年で20周年

山口市湯田温泉にある中原中也記念館が、来年2014年2月に創立20周年を迎え、記念事業を行うことになりました。

毎日JP

中原中也記念館開館20周年記念事業の開催について