2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

カテゴリー「はじめての中原中也」の記事

2016年9月27日 (火)

中原中也の鎌倉/「在りし日の歌」清書の前後・その2

昨夜おそかったので朝食後午睡。

夜会話書を読む。

青山二郎に手紙。

今月も無事に終った。

来月は帰省だ。

浴後詩なる。2編。

 

(角川書店「新編中原中也全集」第5巻「日記・書簡」本文篇より。新かな、洋数字に変えました。編者。)

 

 

これは、中原中也、1937年(昭和12年)9月30日の日記です。

 

この日から1週間後の10月6日、鎌倉養生院に入院。

10月22日午前零時10分、永眠しました。

 

 

日記は死のおよそ3週間前のものです。

 

「会話書」とは、フランス語会話の本のこと。

この頃、ランボーなどフランス詩の翻訳への意欲は衰えず

渡仏の希望を胸に秘めていたのかもしれません。

「浴後詩なる。2編。」とある詩は

未発表詩篇「秋の夜に、湯に浸り」と「四行詩」のことだそうです。

(同上書・解題篇より。)

 

それを読みましょう。

 

 

秋の夜に、湯に浸り

秋の夜に、独りで湯に這入(はい)ることは、

淋しいじゃないか。

 

秋の夜に、人と湯に這入ることも亦(また)、

淋しいじゃないか。

 

話の駒が合ったりすれば、

その時は楽しくもあろう

 

然(しか)しそれというも、何か大事なことを

わきへ置いといてのことのようには思われないか?

 

――秋の夜に湯に這入るには……

独りですべきか、人とすべきか?

 

所詮(しょせん)は何も、

決ることではあるまいぞ。

 

さればいっそ、潜(もぐ)って死にやれ!

それとも汝、熱中事を持て!

 

     ※     ※
        ※  

 

四行詩

 

おまえはもう静かな部屋に帰るがよい。

煥発(かんぱつ)する都会の夜々の燈火(ともしび)を後(あと)に、

おまえはもう、郊外の道を辿(たど)るがよい。

そして心の呟(つぶや)きを、ゆっくりと聴くがよい。

 

(同上書・第2巻「詩Ⅱ」本文篇より。新かなに変えました。編者。)

 

 

途中ですが

今回はここまで。

2016年9月26日 (月)

中原中也の鎌倉/「在りし日の歌」清書の前後

1937年(昭和12年)9月26日は

79年前の今日という日になりますが

中原中也は「在りし日の歌」の清書原稿を

小林秀雄に手渡した日です。

 

寿福寺敷地内の住まいから

当時小林秀雄が住んでいた扇ケ谷まで

歩いて10分ほどの道を辿りました。

 

「後記」が

この原稿の中にあったのは言うまでもありません。

 

さらば東京!

おおわが青春!

――とある「後記」が書かれたのは

この日の3日前のことでした。

 

 

後記

 

 茲(ここ)に収めたのは、「山羊の歌」以後に発表したものの過半数である。作ったのは、

最も古いのでは大正14年のもの、最も新しいのでは昭和12年のものがある。序(つい)で

だから云(い)うが、「山羊の歌」には大正13年春の作から昭和5年春迄のものを収めた。

 詩を作りさえすればそれで詩生活ということが出来れば、私の詩生活も既に23年を経

た。もし詩を以て本職とする覚悟をした日からを詩生活と称すべきなら、15年間の詩生活

である。

 長いといえば長い、短いといえば短いその年月の間に、私の感じたこと考えたことは尠

(すくな)くない。今その概略を述べてみようかと、一寸(ちょっと)思ってみるだけでもゾッと

する程だ。私は何にも、だから語ろうとは思わない。ただ私は、私の個性が詩に最も適す

ることを、確実に確かめた日から詩を本職としたのであったことだけを、ともかくも云ってお

きたい。

 私は今、此(こ)の詩集の原稿を纏(まと)め、友人小林秀雄に托し、東京13年間の生活

に別れて、郷里に引籠(ひきこも)るのである。別に新しい計画があるのでもないが、いよ

いよ詩生活に沈潜しようと思っている。

 扨(さて)、此(こ)の後どうなることか……それを思えば茫洋(ぼうよう)とする。

 さらば東京! おおわが青春!

                                     〔1937、9、23〕


(角川書店「新編中原中也全集」第1巻「詩Ⅰ」より。新かな、洋数字に改めました。編者。)



途中ですが

今回はここまで。