2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

カテゴリー「折りにふれて読む名作・選」の記事

2017年6月28日 (水)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その44/「聞こえぬ悲鳴」

 

 

昭和10年(1935年)4月23日付けの詩人の日記に

「昨夜2時迄読書。それより2篇の詩を物し、終ること4時半」

――と記されてある2篇の詩の一つが「聞こえぬ悲鳴」であり

もう一つが「十二月の幻想」です。

(「新編中原中也全集」第1巻・解題篇。)

 

 

「聞こえぬ悲鳴」が

深夜、詩人を襲う悲しみを歌ったものだとすると

その悲しみの原因は

このタイトルと関係するようです。

 

 

聞こえぬ悲鳴

 

悲しい 夜更(よふけ)が 訪(おとず)れて

菫(すみれ)の 花が 腐れる 時に

神様 僕は 何を想出(おもいだ)したらよいんでしょ?

 

痩せた 大きな 露西亜(ロシア)の婦(おんな)?

彼女の 手ですか? それとも横顔?

それとも ぼやけた フイルム ですか?

それとも前世紀の 海の夜明け?

 

ああ 悲しい! 悲しい……

神様 あんまり これでは 悲しい

疲れ 疲れた 僕の心に……

いったい 何が 想い出せましょ?

 

悲しい 夜更は 腐った花弁(はなびら)――

   噛(か)んでも 噛んでも 歯跡もつかぬ

   それで いつまで 噛んではいたら

   しらじらじらと 夜は明けた

  

              ――一九三五、四――

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。新かなに変えました。)

 

 

この詩に、

痩せた 大きな 露西亜(ロシア)の婦(おんな)

彼女の 手 

それとも横顔

――と女性が出てくるのは何故でしょうか。

 

この詩では

悲しみで疲れてしまった僕には

痩せた大きな露西亜の女性を思い出せといっても無理だし

彼女の手も、横顔も

思い出そうとする気力もパワーもないのだから

見当外れなことを言わないでほしいと

力なく歌っているのですが

わざわざそれを言うこと自体には

やはり意味があるものと見なければならないでしょう。

 

意味のないことを

わざわざ詩行にするわけがありませんから。

 

その理由こそ

腐った花弁(はなびら)にあるようです。

 

 

腐った花弁は

菫の花が出てきますが

モノとしての実態をもつものではなく

そのような時間を指しているところに

詩の技があるようなメタファーでしょう。

 

誰にも聞こえない悲鳴を

詩人だけは聞いていて

だから誰にもわかって貰えない

その時間を

菫(すみれ)の 花が 腐れる 時

――と表現した

絶妙のメタファー(暗喩)です。

 

 

噛んでも噛んでも噛めない

けれども

噛むしか方法のない厄介な時間に

止むことなく立ちのぼってくる悲しみは

誰にも伝えることができないというのです。

 

 

この感情は

不吉なサイレンを聞くことになります。

 

 

十二月(しわす)の幻想

 

ウー……と、警笛が鳴ります、ウウウー……と、
皆さん、これは何かの前兆です、皆さん!
吃度(きっと)何かが起こります、夜の明け方に。
吃度何かが夜の明け方に、起こると僕は感じるのです

――いや、そんなことはあり得ない、決して。
そんなことはあり得ようわけがない。
それはもう、十分冷静に判断の付く所だ。
それはもう、実証的に云(い)ってそうなんだ……。

ところで天地の間には、
人目に付かぬ条件があって、
それを計上しない限りで、
諸君の意見は正しかろうと、

一夜彗星(すいせい)が現れるように
天変地異は起ります
そして恋人や、親や、兄弟から、
君は、離れてしまうのです、君は、離れてしまうのです

           (一九三五・四・二三)

 

2017年6月27日 (火)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その43/「或る夜の幻想(1・3)」再

 

 

「或る夜の幻想(1・3)」が

昭和12年(1937年)の「四季」3月号に

発表されたのには

相当の理由があったことでしょう。

 

この詩ははじめ全6節でした。

 

第1節、「彼女の部屋」

第2節、「村の時計」

第3節、「彼女」

第4節、「或る男の肖像」

第5節、「無題――幻滅は鋼(はがね)のいろ。」

第6節、「壁」

――という構成でしたが

「在りし日の歌」には

第2節、第4、5、6節が

「或る男の肖像」として収録されただけでした。

 

元の詩の

男の物語だけが「在りし日の歌」に収録され

女の物語が省略されました。

 

「或る夜の幻想(1・3)」に現われる彼女は

長谷川泰子に違いありませんが

昭和12年(というのは詩人が亡くなる年です)に

歌われていたということは驚きです。

 

 

或る夜の幻想(1・3)

 

    1 彼女の部屋

 

彼女には

美しい洋服箪笥(ようふくだんす)があった

その箪笥は

かわたれどきの色をしていた

 

彼女には

書物や

其(そ)の他(ほか)色々のものもあった

が、どれもその箪笥(たんす)に比べては美しくもなかったので

彼女の部屋には箪笥だけがあった

 

  それで洋服箪笥の中は

  本でいっぱいだった

 

   3 彼 女

 

野原の一隅(ひとすみ)には杉林があった。

なかの一本がわけても聳(そび)えていた。 

 

或(あ)る日彼女はそれにのぼった。

下りて来るのは大変なことだった。

 

それでも彼女は、媚態(びたい)を棄てなかった。

一つ一つの挙動(きょどう)は、まことみごとなうねりであった。

 

夢の中で、彼女の臍(おへそ)は、

背中にあった。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。新かなに変えました。)

 

 

この詩の彼女は

長谷川泰子を実際のモデルにしながら

詩の中に現われた途端に

何か血の流れる身体というよりも

どこかしら作り物めいた人工的なイメージさえするのは

詩に現れる女性が

もともとシュール(超現実的)に描かれているからでしょうか。

 

人によって受け止め方は違うのでしょうが

妙に不思議な存在感があります。

 

 

或る日の夜の幻想ですから

そうなるのだとしても

遠い日の恋(そしてその終わり)を

フィクションに仕立てられるほど

手なずけることができたからかもしれません。

 

それにしてもどこかしら

彼女は遠い存在のようです。

2017年6月25日 (日)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その43/「漂々と口笛吹いて」」

 

 

「漂々と口笛吹いて」は

11月の事件と正面対峙した果てに

秋は主格になり

主格となった秋は擬人化されます。

 

 

漂々と口笛吹いて

 

漂々(ひょうひょう)と 口笛吹いて 地平の辺(べ)

  歩き廻(まわ)るは……

一枝(ひとえ)の ポプラを肩に ゆさゆさと

葉を翻(ひるが)えし 歩き廻るは

 

褐色(かちいろ)の 海賊帽子(かいぞくぼうし) ひょろひょろの

ズボンを穿(は)いて 地平の辺

   森のこちらを すれすれに

目立たぬように 歩いているのは

 

あれは なんだ? あれは なんだ?

あれは 単なる呑気者(のんきもの)か?

それともあれは 横著者(おうちゃくもの)か?

あれは なんだ? あれは なんだ?

 

  地平のあたりを口笛吹いて

  ああして呑気に歩いてゆくのは

  ポプラを肩に葉を翻えし

  ああして呑気に歩いてゆくのは

  弱げにみえて横著そうで

  さりとて別に悪意もないのは

 

あれはサ 秋サ ただなんとなく

おまえの 意欲を 嗤(わら)いに 来たのサ

あんまり あんまり ただなんとなく

嗤いに 来たのサ おまえの 意欲を

 

  嗤うことさえよしてもいいと

  やがてもあいつが思う頃には

  嗤うことさえよしてしまえと

  やがてもあいつがひきとるときには

 

冬が来るのサ 冬が 冬が

野分(のわき)の 色の 冬が 来るのサ

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

秋が詩のテーマになっても

事件の内容にはいっさい触れられていません。

 

秋は

別に悪意もなく

ただ口笛を吹いて

呑気に

地平線のあたりを歩いているだけです。

 

秋が行けば

やがて冬が来るだけの

合図でしかないように

詩人は慣れっこになって

秋と親しんでいるかのよう。

 

もはや

テーマのようです、

詩の。

 

 

制作は昭和11年(1936年)9月、

「少女画報」同11年11月号に発表されました。

 

戦争前夜です。

2017年6月24日 (土)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その42/「秋を呼ぶ雨」」

 

 

「秋を呼ぶ雨」は

機関紙「文芸懇話会」の昭和11年(1936年)9月号に発表されました。

 

「文芸懇話会」といえば

国家による文化統制の一断面、

文学・文壇への支配の歴史が想起され

中原中也へもその触手が伸びた

――とすぐさま緊張感が走りますが

中也がどれほど国家の政策を警戒していたか

詳しいことはわかりません。

 

そのことはやはり

詩そのものに明らかなはずです。

 

 

秋を呼ぶ雨

 

   1

 

畳の上に、灰は撒(ま)き散らされてあったのです。

僕はその中に、蹲(うずく)まったり、坐(すわ)ったり、寝ころんだりしていたのです。

秋を告げる雨は、夜明け前に降り出して、

窓が白む頃、鶏の声はそのどしゃぶりの中に起ったのです。

 

僕は遠い海の上で、警笛(けいてき)を鳴らしている船を思い出したりするのでした。

その煙突は白く、太くって、傾いていて、

ふてぶてしくもまた、可憐(かれん)なものに思えるのでした。

沖の方の空は、煙っていて見えないで。

 

僕はもうへとへとなって、何一つしようともしませんでした。

純心な恋物語を読みながら、僕は自分に訊(たず)ねるのでした、

もしかばかりの愛を享(う)けたら、自分も再び元気になるだろうか?

 

かばかりの女の純情を享けたならば、自分にもまた希望は返って来るだろうか?

然(しか)し……と僕は思うのでした、おまえはもう女の愛にも動きはしまい、

おまえはもう、此(こ)の世のたよりなさに、いやという程やっつけられて了(しま)ったのだ!

 

   2

 

弾力も何も失(な)くなったこのような思いは、

それを告白してみたところで、つまらないものでした。

それを告白したからとて、さっぱりするというようなこともない、

それ程までに自分の生存はもう、けがらわしいものになっていたのです。

 

それが嘗(かつ)て欺(あざむ)かれたことの、私に残した灰燼(かいじん)のせいだと決ったところで、

僕はその欺かれたことを、思い出しても、はや憤(いきどお)りさえしなかったのです。

僕はただ淋しさと怖れとを胸に抱いて、

灰の撒き散らされた薄明(はくめい)の部屋の中にいるのでした。

 

そしてただ時々一寸(ちょっと)、こんなことを思い出すのでした。

それにしてもやさしくて、理不尽(りふじん)でだけはない自分の心には、

雨だって、もう少しは怡(たの)しく響いたってよかろう…………

 

それなのに、自分の心は、索然(さくぜん)と最後の壁の無味を甞(な)め、

死のうかと考えてみることもなく、いやはやなんとも

隠鬱(いんうつ)なその日その日を、糊塗(こと)しているにすぎないのでした。

 

    3

 

トタンは雨に洗われて、裏店の逞(たくま)しいおかみを想(おも)わせたりしました。

それは酸っぱく、つるつるとして、尤(もっと)も、意地悪でだけはないのでした。

雨はそのおかみのうちの、箒(ほうき)のように、だらだらと降続(ふりつづ)きました。

雨はだらだらと、だらだらと、だらだらと降続きました。

 

瓦(かわら)は不平そうでありました、含まれるだけの雨を含んで、

それは怒り易(やす)い老地主の、不平にも似ておりました。

それにしてもそれは、持って廻(まわ)った趣味なぞよりは、

傷(いた)み果てた私の心には、却(かえっ)て健康なものとして映るのでした。

 

もはや人の癇癖(かんぺき)なぞにも、まるで平気である程に僕は伸び朽(く)ちていたのです。

尤も、嘘だけは癪(しゃく)に障(さわ)るのでしたが…………

人の性向を撰択するなぞということももう、

早朝のビル街のように、何か兇悪(きょうあく)な逞(たくま)しさとのみ思えるのでした。

 

――僕は伸びきった、ゴムの話をしたのです。

だらだらと降る、微温(びおん)の朝の雨の話を。

ひえびえと合羽(かっぱ)に降り、甲板(デッキ)に降る雨の話なら、

せめてもまだ、爽々(すがすが)しい思いを抱かせるのに、なぞ思いながら。

 

   4

 

何処(どこ)まで続くのでしょう、この長い一本道は。

嘗(かつ)てはそれを、少しづつ片附(かたづ)けてゆくということは楽しみでした。

今や麦稈真田(ばっかんさなだ)を編(あ)むというそのような楽しみも

残ってはいない程、疲れてしまっているのです。

 

眠れば悪夢をばかりみて、

もしそれを同情してくれる人があるとしても、

その人に、済まないと感ずるくらいなものでした。

だって、自分で諦(あきら)めきっているその一本道…………。

 

つまり、あらゆる道徳(モラリテ)の影は、消えちまっていたのです。

墓石(ぼせき)のように灰色に、雨をいくらでも吸うその石のように、

だらだらとだらだらと、降続くこの不幸は、

もうやむものとも思えない、秋告げるこの朝の雨のように降るのでした。

 

   5

 

僕の心が、あの精悍(せいかん)な人々を見ないようにと、

そのような祈念(きねん)をしながら、僕は傘さして雨の中を歩いていた。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

詩人、29歳の制作です。

 

29歳は

詩人が長谷川泰子とともに上京した

大正14年(1925年)から10年余。

 

上京したこの年の11月に

事件は起きました。

 

泰子が中也を去り

小林秀雄と暮らしはじめたという事件です。

 

以来、秋は

中也のトラウマになります。

 

厳密に言えば

詩のテーマになります。

2017年6月23日 (金)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その41/「童女」

 

 

これから読む詩「童女」をまた

ここで取り上げてよいものか

まったく見当外れであるかも知れませんが

解釈次第では

可能的な読みの範囲に入るという幅を取って

やはり読むことにしました。

 

 

謎の多い詩です。

 

一つ謎が解ければ

謎の全部も解けていくような作りの詩であるかも知れません。

 

 

童 女

 

眠れよ、眠れ、よい心、

おまえの肌えは、花粉だよ。

 

飛行機虫の夢をみよ、

クリンベルトの夢をみよ。

 

眠れよ、眠れ、よい心、

おまえの眼(まなこ)は、昆虫だ。

 

皮肉ありげな生意気な、

奴等(やつら)の顔のみえぬひま、

 

眠れよ、眠れ、よい心、

飛行機虫の、夢をみよ。

クリンベルトの夢をみよ。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

この詩が

呼びかけている相手は

だれでしょうか?

 

童女であることは間違いありませんが

字義通り、童女なのでしょうか?

 

純粋無垢の幼児を

リアリスティックに想定してよいのでしょうか?

 

 

花粉

昆虫

――という喩(たとえ)がまずはひっかかります。

 

この二つとも

童女の身体の部分(肌と眼)の比喩(述語)ですが

この比喩が指し示す意味は

どんなことでしょうか?

 

そこにさまざまな読みが可能です。

 

肌が花粉

眼が昆虫。

 

 

眠れ、眠れ、よい心

そして

おまえ、と呼びかける相手に

見させたい夢は

飛行機虫の夢

クリンベルトの夢、ですが。

 

クリンベルトが謎であっても

飛行機虫のイメージは

さほど見当外れにならないはずの想像を働かせることはできます。

 

まどろみを誘うような心地よい

生き物(飛行機虫)が見る夢を

よい心、おまえが見るように

この詩は歌っていると読むことができるでしょう。 

 

 

ここまで読んで

童女は童女であり続けます。

 

童女は幼児のままですが

純粋無垢の成熟した女性の影が

ふとどこからともなく射して来るのには

理由が見当たりません。

 

童女は

濁世(じょくせい)に身を置き

純粋無垢を維持することが危ぶまれる存在ですから

どうにかして

その危険から守ってあげたいと思うこころが

詩の作者にあるのでしょう。

 

 

そのこころは

恋心(こいごころ)と無縁ではありません。

 

となるとこの詩は

大人の子守唄、すなわちラブソングではないかとも思えて来て

少し目が覚めます。

 

 

「歴程」の昭和11年(1936年)3月創刊号に

「童女」は発表されました。

 

「倦怠輓歌」全5篇の一つでした。

 

ちなみにこの5篇は

「閑寂」

「お道化うた」

「童女」

「深更」

「白紙(ブランク)」

――というラインアップでした。

2017年6月22日 (木)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その40/「女給達」

 

 
結婚式をあげて上京し
すぐに引っ越した先が新宿だから
詩の題材もそれらしく
街の雑沓のようなものが聞こえてきます。

住まいの花園アパートは
装幀家であり骨董家であった青山二郎が主(あるじ)で
作家や芸道にいそしむ人々の出入りが頻繁であり
繁華街に隣り合わせしていたために
詩人の交遊関係は新たな領域を広げています。

このアパートには
女給たちも住んでいました。
(「新編中原中也全集」第1巻・解題篇。)

昭和9年(1934年)末に「山羊の歌」の出版がなり
詩人としての名声も徐々に高まっていましたし。



女給達

    なにがなにやらわからないのよ――流行歌
 
彼女等(かのじょら)が、どんな暮しをしているか、
彼女等が、どんな心で生きているか、
私は此(こ)の目でよく見たのです、
はっきりと、見て来たのです。

彼女等は、幸福ではない、
彼女等は、悲しんでいる、
彼女等は、悲しんでいるけれどその悲しみを
ごまかして、幸福そうに見せかけている。

なかなか派手(はで)そうに事を行い、
なかなか気の利いた風にも立廻(たちまわ)り、
楽観しているようにさえみえるけれど、
或(ある)いは、十分図太くくらいは成れているようだけれど、

彼女等は、悲しんでいる、
内心は、心配している、
そして時に他(た)の不幸を聞及(ききおよ)びでもしようものなら、
「可哀相に」と云(い)いながら、大声を出して喜んだりするのです。

                       一九三五、六、六

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)



この詩は
「日本歌人」昭和10年(1935年)9月号に発表したもの。

 

エピグラフの
なにがなにやらわからないのよ
――は、映画「愛して頂戴」(昭和4年封切り)の主題歌の一部です。

「愛して頂戴」は
西条八十作詞、中山晋平作曲で
佐藤千代子が歌ってヒットしました。

昭和初年代はエロ・グロ・ナンセンス時代の風潮が都市に広がり
カフェー文化が花盛りでした。
(同全集・解題篇。)



短歌誌「日本歌人」へ発表されたこの詩は
道化調の遊び(諧謔味)が利いていなくて
だから道化調とは言えなくて
むしろ「むなしさ」や「朝鮮女」の流れに属するようですが
いまいちエッジが甘いようなのは
女給たちの悲しみへの同調が
後退しているように読めてしまうからです。

でも、酒場で働く女たちの生態をしっかりとらえ
他人の不幸を笑う底に
悲しみがあることを見る眼に
揺るぎはありません。

女給たちを
詩人が仲間のように感じていなければ
この詩を書くことはなかったでしょう。

声援が前面に出なかっただけのことです。



女給といえば
昭和7年末ごろ詩人は
京橋のバー「ウィンゾアー」の女給、坂本睦子に
親友の詩人、高森文夫の叔母を通じて求婚したが
断られた話が伝わっています。

坂口安吾の小説「二十七歳」(昭和22年)には
この頃の中原中也が登場し
フィクションの中に
詩人の一断面が鮮やかに描き出されていて有名です。

坂本睦子は
大岡昇平の恋愛小説「花影」(昭和36年)のモデルにもなりました。



「女給たち」に
坂本睦子の面影があるのは
言うまでもないことですが
「達」としたところに
詩人が意図したものは大きいと言わねばなりません。

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月21日 (水)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その39/「ピチベの哲学」

 

「山羊の歌」44篇

「在りし日の歌」58篇

計102篇中の3、4割にもなるでしょうか

恋の詩もしくは女性を歌った詩がなんと多いことか。

 

これが公刊詩集の恋歌です。

 

むろん、恋をどのように定義するかで

変わってきますが

ここではかなり広義にとらえ

女性が現われる詩のほとんどを数にいれています。

 

 

詩集のほかに

詩人の生前に発表された詩篇がありますが

この戦前発表詩篇の中の恋歌についても

この際ですから

読んでみることにします。

 

生前発表詩篇で

はじめに現われるのは「或る女の子」ですが

この詩はこのシリーズはじめの方で読みました。

 

次に現われるのが

「ピチベの哲学」です。

 

 

ピチベの哲学

 

チョンザイチョンザイピーフービー

俺は愁(かな)しいのだよ。

――あの月の中にはな、

色蒼(あお)ざめたお姫様がいて………

それがチャールストンを踊っているのだ。

けれどもそれは見えないので、

それで月は、あのように静かなのさ。

 

チョンザイチョンザイピーフービー

チャールストンというのはとてもあのお姫様が踊るような踊りではないけれども、

そこがまた月の世界の神秘であって、

却々(なかなか)六ヶ敷(むつかし)いところさ。

 

チョンザイチョンザイピーフービー

だがまたとっくと見ているうちには、

それがそうだと分っても来るさ。

迅(はや)いといえば迅い、緩(おそ)いといえば緩いテンポで、

ああしてお姫様が踊っていられるからこそ、

月はあやしくも美しいのである。

真珠(しんじゅ)のように美しいのである。

 

チョンザイチョンザイピーフービー

ゆるやかなものがゆるやかだと思うのは間違っているぞォ。

さて俺は落付(おちつ)こう、なんてな、

そういうのが間違っているぞォ。

イライラしている時にはイライラ、

のんびりしている時にはのんびり、

あのお月様の中のお姫様のように、

なんにも考えずに絶えずもう踊っていりゃ

それがハタから見りゃ美しいのさ。

 

チョンザイチョンザイピーフービー

真珠のように美しいのさ。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

この詩、支離滅裂のようでありながら

言いたいことは絞られていて

理路整然としているとさえいえるのは

「お道化うた」

「狂気の手紙」などと同じです。

 

月はあやしくも美しいのである。

真珠(しんじゅ)のように美しいのである。

――と詩の中央部ですっきりと述べられる月の美しさは

終わりの方で

お月様の中のお姫様の真珠のような美しさに

成り変わって歌われています。

 

どうやら月の美しさを歌う振りして

お姫様の美しさを歌っているのですが

このお姫様こそは

詩人が結婚した相手である孝子夫人のことらしい!

 

 

ピチベという人物の由来も

依然不明ですが

不明であっても

そのような男がいて

その男に祝婚の歌を歌わせていることらしいのです。

 

呪文の意味も不明ですが

なにやら祝意を含んだ呪文であるようなことを知ると

嬉しくなってくるような詩ではありませんか。

 

 

このような詩を詩人が書いたのは

昭和8年(1933年)の年の暮れで

これより前の12月3日に生地、山口県の湯田温泉で結婚式を済ませ

12月13日には花嫁ともども上京し

新宿・花園アパートへ住まいはじめてしばらくのことでした。

 

 

「ピチベの哲学」

「狂気の手紙」

「骨」

「道化の臨終(Etude Dadaistique)」

「秋岸清凉居士」

「月下の告白」

「星とピエロ」

「誘蛾灯詠歌」

「(なんにも書かなかったら)」

――と、翌昭和9年(1934年)に道化調の詩を量産する流れの

最初に書いたのが「ピチベの哲学」でした。

2017年6月20日 (火)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩38/「米子」再

 

「永訣の秋」の16篇は

昭和11年(1936年)11月から

翌12年10月までの間に

詩誌や雑誌などに発表された詩です。

 

16篇のうちで

恋の別れを歌ったものは

「ゆきてかえらぬ」

「あばずれ女の亭主が歌った」

「或る男の肖像」

「米子」

――の4篇に絞ることができるでしょう。

 

この4篇以外には

女性が副詞句「処女の眼のように」(言葉なき歌)や

「花嫁御寮」、「奥さん」(春日狂想)などの詩語として現れますが

恋の主題とはほど遠い詩語でしかありません。

 

この4篇に

長谷川泰子のイメージが色濃い女性が登場することは

それだけで驚異であり

泰子との出会いが運命的であったものと言えることでしょう。

 

それにしても

その泰子への永訣の意味も

込められていたということになるならば

永訣とは

最後の最後の恋と言えるのかもしれません。

 

 

「米子」は

「永訣の秋」の最終詩「蛙声」へ連なる5篇の

「冬の長門峡」の次に配置され

「正午―丸ビル風景」

「春日狂想」という流れの中にあります。

 

なぜ「米子」=よねことしたか?

 

ここには

詩人の言語感性のいっさいが動員されて

考えに考え抜かれたものか

あっさりと天から降りてきたものか

米子=よねことしか言いようにない

泰子の象(かたち)が籠(こも)っているような一語です。

 

もう一度

「米子」を読みましょう。

 



米 子

 

二十八歳のその処女(むすめ)は、

肺病やみで、腓(ひ)は細かった。

ポプラのように、人も通らぬ

歩道に沿(そ)って、立っていた。

 

処女(むすめ)の名前は、米子(よねこ)と云(い)った。

夏には、顔が、汚れてみえたが、

冬だの秋には、きれいであった。

――かぼそい声をしておった。

 

二十八歳のその処女(むすめ)は、

お嫁に行けば、その病気は

癒(なお)るかに思われた。と、そう思いながら

私はたびたび処女(むすめ)をみた……

 

しかし一度も、そうと口には出さなかった。

別に、云(い)い出しにくいからというのでもない

云って却(かえ)って、落胆させてはと思ったからでもない、

なぜかしら、云わずじまいであったのだ。

 

二十八歳のその処女(むすめ)は、

歩道に沿って立っていた、

雨あがりの午後、ポプラのように。

――かぼそい声をもう一度、聞いてみたいと思うのだ……

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。編者。)


 

もう一度、と思うこころを

恋しいといいますね。

 

 

巷間に伝わる長谷川泰子のイメージと

ずいぶん違うようですが

そのような疑問は不要です。

 

詩人が恋していたのは

米子でしたから。

 

2017年6月19日 (月)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その37/「ゆきてかえらぬ」

 

 

「在りし日の歌」の後章「永訣の秋」には

16篇が収められています。

 

詩人は「永訣」に

亡き長男・文也との別れの意志を込め

同時にそれまでの詩人の生活に別れを告げて

心機一転をはかったものと解釈されています。

(「新編中原中也全集」)

 

宮沢賢治の詩集「春と修羅」で早い時期に読んで

「永訣の朝」が念頭にあったらしい。

 

 

その章のトップに

「ゆきてかえらぬ」が置かれています。

 

京都は詩人としての暮らしを出発した場所でした。

 

生れて始めて両親を離れ、飛び立つ思ひなり(「詩的履歴書」)

――と記し残したほどに

京都は

自由への、

自立への、

詩人の出発への

青春の第一歩を刻んだ場所でした。

 

その京都時代を顧みて

心機一転(再出発)を試みます。

 

 

ゆきてかえらぬ

      ――京 都――

 

 僕は此(こ)の世の果てにいた。陽(ひ)は温暖に降り洒(そそ)ぎ、風は花々揺っていた。

 

 木橋の、埃(ほこ)りは終日、沈黙し、ポストは終日赫々(あかあか)と、風車を付けた乳母車(うばぐるま)、いつも街上(がいじょう)に停っていた。

 

 棲む人達は子供等(こどもら)は、街上に見えず、僕に一人の縁者(みより)なく、風信機(かざみ)の上の空の色、時々見るのが仕事であった。

 

 さりとて退屈してもいず、空気の中には蜜(みつ)があり、物体ではないその蜜は、常住(じょうじゅう)食(しょく)すに適していた。

 

 煙草(たばこ)くらいは喫(す)ってもみたが、それとて匂(にお)いを好んだばかり。おまけに僕としたことが、戸外(そと)でしか吹かさなかった。

 

 さてわが親しき所有品(もちもの)は、タオル一本。枕は持っていたとはいえ、布団(ふとん)ときたらば影(かげ)だになく、歯刷子(はぶらし)くらいは持ってもいたが、たった一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方(めかた)、たのしむだけのものだった。

 

 女たちは、げに慕(した)わしいのではあったが、一度とて、会いに行こうと思わなかった。夢みるだけで沢山(たくさん)だった。

 

 名状(めいじょう)しがたい何物かが、たえず僕をば促進し、目的もない僕ながら、希望は胸に高鳴っていた。

 

         *           *

               *

 

 林の中には、世にも不思議な公園があって、無気味な程にもにこやかな、女や子供、男達散歩していて、僕に分らぬ言語を話し、僕に分らぬ感情を、表情していた。

 さてその空には銀色に、蜘蛛(くも)の巣が光り輝いていた。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えてあります。)

 

 

冒頭行の、

僕は此(こ)の世の果てにいた。陽(ひ)は温暖に降り洒(そそ)ぎ、風は花々揺っていた。

――と

最終行の、

その空には銀色に、蜘蛛(くも)の巣が光り輝いていた。

――が

「山羊の歌」の「少年時」に似た輝きを想起させます。

 

ここではギロギロではなく

銀色の輝きですが。

 

この輝きを

いま、詩人は取り戻そうとしているのでしょうか?

 

過去のものとして

もはや回復を諦めているのでしょうか?

 

 

遠い日のことが歌われているのは確かです。

 

遠い日をズームアウトして

捉えようとする視線があります。

 

一歩引いて

俯瞰し

相対化する眼差しが

散文詩を貫いています。

 

 

中に、

女たちや、女や子供が現われますが

京都で起きた最大の事件といって過言ではない

長谷川泰子はその中に含まれていても

存在するかどうかさえ不確かです。

 

ここに泰子はいるでしょうか?

2017年6月18日 (日)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その36/「雪の賦」

 

 

「独身者」は

「在りし日の歌」の前章「在りし日の歌」の

終わりから数えて4番目にあり

その前に「雪の賦」「わが半生」があります。

 

思い出を誘発する雪の景色を歌い

自らの来し方(こしかた)を辿る詩が並びますが

「在りし日の歌」全体が

みんな過ぎ去りし日の歌ですから

特別なことではありませんし

過去のものには恋も含まれているところには

聴き耳を立ててよいことでしょう。

 

恋はすでに

在りし日(=過去)のもので

遠景に退き

雪景色の中に形跡をとどめます。

 

 

雪の賦

 

雪が降るとこのわたくしには、人生が、

かなしくもうつくしいものに――

憂愁(ゆうしゅう)にみちたものに、思えるのであった。

 

その雪は、中世の、暗いお城の塀にも降り、

大高源吾(おおたかげんご)の頃にも降った……

 

幾多(あまた)々々の孤児の手は、

そのためにかじかんで、

都会の夕べはそのために十分悲しくあったのだ。

 

ロシアの田舎の別荘の、

矢来(やらい)の彼方(かなた)に見る雪は、

うんざりする程永遠で、

 

雪の降る日は高貴の夫人も、

ちっとは愚痴(ぐち)でもあろうと思われ……

 

雪が降るとこのわたくしには、人生が

かなしくもうつくしいものに――

憂愁にみちたものに、思えるのであった。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えてあります。)

 

 

長谷川泰子との恋物語は思い出になり

ロシアの高貴な夫人に姿を変えています。

 

そのうえ

人生の一コマのようです。

 

その人生は

かなしくもうつくしいもの

憂愁にみちたもの

――と思える現在の心境を歌ったのです。

 

雪はいま間近にありますが

遠い時間へさかのぼり

遠い遠いロシアの雪原に飛ぶ遠景に

高貴な夫人(泰子)は在ります。

 

 

この詩は「四季」の昭和11年(1936年)5月号に発表されたことから

その2月前の3月制作と推定されています。

 

30歳で死去する

詩人29歳の詩です。

より以前の記事一覧