2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

カテゴリー「新川和江の周辺/木原孝一」の記事

2017年7月31日 (月)

新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・現代詩への確信

 

 

 

 

新川和江が小自伝「始発駅まで」を書いたのは

 

1976年6月のことで

 

第1詩集「睡り椅子」の出版(1953年)から

 

23年が経過していました。

 

 

 

この自伝の末尾に、

 

 

 

ぐらりと地軸が傾く気がした。昔、西条先生の口から、「ゲンダイシ」という言葉をはじめて

 

聞かされた時と、内容こそちがえ、同じ衝撃であった。

 

――とあり、つづけて、

 

 

 

けれども最早、途方に暮れることは無かった。「現代詩」と今こそ明瞭に表記し、発音出来

 

るという、確信のようなものをその瞬間に私は摑んでいた。それを、これからはじめるの

 

だ、と思った。

 

――と記されてある部分は重要です。

 

 

 

 

 

 

ぐらりと地軸が傾く感じは

 

「詩学」の編集に携わっていた詩人、木原孝一の言葉に接した中で得たものと記されてい

 

ます。

 

 

 

木原の言葉は、

 

 

 

新川さん、恋愛詩ひとつ書くにしても、なにか、こう、宇宙に通じるようなものを書かなく

 

ちゃ、ダメなんだよなァ

 

――というものでした。

 

 

 

この発言が1953年の「睡り椅子」発行の直後の

 

新進詩人、新川和江への「荒地」詩人のはなむけでした。

 

 

 

 

 

 

新川和江の記述で重要なのは

 

最後の部分に、

 

「現代詩」と呼べるものを

 

これから発信していくのだという確信が述べられているところです。

 

 

 

第1詩集を世に問うた時期に

 

現代詩を書くための確信が抱かれていたのです。

 

 

 

この確信は

 

20年余を経た回想として述べられましたが

 

そこに虚飾(虚偽)があるはずもなく

 

この20年余の間に

 

この確信は証明された(証明した)ことをも

 

この結語は明らかにしています。

 

 

 

 

 

 

「始発駅まで」の結語が示す時期に

 

もう少し焦点を当てて

 

新川和江の詩を読み

 

また彼女の詩人たちとの交流にも目をやりながら

 

現代抒情の行方を追ってみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

途中ですが

 

今回はここまで。

 

 

その他のカテゴリー

さまざまな中也体験・中也論 はじめての中原中也 はじめての中原中也/「在りし日の歌」 ニュース 三好達治の戦争詩 中也が見た・歩いた 中原中也が使ったオノマトペ 中原中也が使った色々な色 中原中也が訳したランボー 中原中也と「ランボーという事件」 中原中也と「四季」 中原中也とベルレーヌ 中原中也とラフォルグ 中原中也のダダイズム詩 中原中也の同時代 中原中也の手紙/終生の友・安原喜弘へ 中原中也の詩に出てくる人名・地名 中原中也の詩に現れる動物たち 中原中也の詩に現れる植物たち 中原中也の鎌倉 中原中也/「山羊の歌」の世界 中原中也/「山羊の歌」の世界/「少年時」以後 中原中也/「山羊の歌」の世界/「汚れっちまった悲しみに……」の周辺 中原中也/「山羊の歌」の世界/「羊の歌」から「いのちの声」へ 中原中也/「生活者」の詩群 中原中也/「白痴群」のころ 中原中也/未発表詩篇のすべて 中原中也/生前発表詩篇 中原中也/絶唱「在りし日の歌」 中原中也/芸術論覚書 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/山之口貘 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/岸田衿子 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/滝口雅子 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/石垣りん 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/谷川俊太郎 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/高良留美子 戦後詩の海へ/茨木のり子の案内で/黒田三郎 折りにふれて読む名作・選 新川和江の周辺/木原孝一 新川和江・抒情の源流 新川和江・抒情の源流その後/現代詩そぞろ歩き 現代詩の証言者・金子光晴を読む 現代詩の長女/茨木のり子の世界 生きているうちに読んでおきたい中也の名作 立原道造の詩を読む 萩原朔太郎「氷島」/賛否両論を読む 詩と映画と 面白い!中也の日本語